パソコンde手芸
ホーム オンライン図案作成サービス こんなことが出来ます ご利用方法
ご利用方法
 
それぞれのサービス画面では、次の図のようにユーザーが指定する条件があります。
*オンラインサービスでは横方向分解数は最大100です。
 
「横方向分解数」について
・50〜100の範囲内の任意の分解数を半角で入力してください。
  この数字はクロスステッチでは横方向の目数(カウント)になります。
  縦方向の目数は図案の縦横の比率で自動的に決まります。
・入力された横方向分解数が50、その結果の縦方向分解数が70以内のときは、A4版用紙縦置き1枚に収まります。
・横または縦がそれを超えたときは複数枚になり、すべての場合に共通します。
 
「モノカラー 6色濃淡」を選択したとき
 
・画像ファイルを指定の目数に分解すると、作品化したときのイメージと図案が表示されます。
  図案の上でマウス右ボタンクリックから「名前をつけて保存」からダウンロードしてください。
・イメージの色合いが、お使いのディスプレイの状態により、異なることがあります。
・白〜黒のDMC色糸と対応しています。
  それ以外の濃淡6段階の色糸にされる場合は、ご自分で糸を手芸店などでお求め下さい。


図案の数字はインターシャトルの色糸番号です。「DMC対応表」でDNC色糸番号と関連付けられます。
*オンラインサービスでは図案は色糸番号のみ記入されたものです。
 
「カラー 30色」を選択したとき
 
・インターシャトルが開発した固定30色で図案化します。
  図形に関係なく固定色ですから、色糸の調達も簡単で、むだな残糸が生じません。
  緻密さは125色より劣りますが、少ない色糸で済みます。
  対象物のアップ写真などに向いています。
  トップページの「セザンヌ」「フェルメール」の名画はこの30色モードで制作しました。
・画像ファイルを指定の目数に分解すると、作品化したときのイメージと図案が表示されます。
  図案の上でマウス右ボタンクリックから「名前をつけて保存」からダウンロードしてください。
・完成イメージや図案の色合いが、お使いのディスプレイの状態により、異なることがあります。
 


図案の数字はインターシャトルの色糸番号です。「DMC対応表」でDNC色糸番号と関連付けられます。
*オンラインサービスでは図案は色糸番号のみ記入されたものです。
 
「カラー 125色」を選択したとき
 
・インターシャトルが開発した固定125色で図案化します。
  図形に関係なく固定色ですから、色糸の調達も簡単で、むだな残糸が生じません。 
  きめ細かな表現が可能です。
  写真が遠景や緻密な場合に適します。
  分解した結果、経験では100色を越えることはありません。
・画像ファイルを指定の目数に分解すると、作品化したときのイメージと図案が表示されます。
  図案の上でマウス右ボタンクリックから「名前をつけて保存」からダウンロードしてください。
・完成イメージや図案の色合いが、お使いのディスプレイの状態により、異なることがあります。
 


図案の数字はインターシャトルの色糸番号です。「DMC対応表」でDNC色糸番号と関連付けられます。
*オンラインサービスでは図案は色糸番号のみ記入されたものです。
 
複数枚の図案になったとき
 
・画像ファイルを指定の目数に分解すると、作品化したときのイメージと図案が表示されます。
  図案の上でマウス右ボタンクリックから「名前をつけて保存」からダウンロードしてください。
・完成イメージや図案の色合いが、お使いのディスプレイの状態により、異なることがあります。
・横方向分解数が50を超えたり、分解結果として縦方向分解数が70を超えるときは、複数枚の図案になります。
・それぞれの複数の図案には、左上に図案の位置が、「T2L1」などと記されています。
  この場合は、トップから2枚目、左から1枚目を意味します。
  それぞれA4用紙縦置きで印刷できます。


図案の数字はインターシャトルの色糸番号です。「DMC対応表」でDNC色糸番号と関連付けられます。
*オンラインサービスでは図案は色糸番号のみ記入されたものです。
 
番号のみの図案について
 
・オンラインサービスでは下図のように番号のみ表示したものです。
図案の数字はインターシャトルの色糸番号です。「DMC対応表」でDNC色糸番号と関連付けられます。
・またあわせてDMC対応表もダウンロードいただけます。
 
DMCのどの色糸をどの程度用意すればいいのかもわかります。
A4用紙縦置きで印刷できます。
免責
 
 ・ご使用になる写真等には、著作権で保護されたものがあります。これによって生ずる損害、訴訟等に、インターシャトルは一切の責任は負いません。
 ・オンライン図案作成は、きわめて近似性は高くなりますが完全に再現するものではありません.。
ホーム